Categories

 > Foreign Languages > Japanese

50,390 results were found

Sort by:

イギリス発 「本当のスピリチュアル」への階段 ...
by MOMOYO

Language

Japanese

Pages

174

Publication Date

April 30, 2019

Product Description
Customer Reviews
現実を思いどおりに変えようとするのは間違えだった――。YouTubeで話題沸騰! ロンドンのカリスマヒーラー最新刊! 「1分願うだけで、簡単に願いが叶ってしまう」「宇宙にゆだねるだけで、目の前から嫌なことや苦労が消え、望みの人生が手に入る」等、今、「~するだけ」で、ごく手軽に人生が変えられるというものが「スピリチュアル」だという考えが広まっています。でも、これらは本当のスピリチュアルではありません。そこで、この本では、私がイギリスを通して知った、スピリチュアルで一番大切な「土台」、根幹とも言える部分をお伝えしていきます。それを知ることで、あなたは本来の自分で生きられるようになります。さらには、「自分がこの世で生きる意味を知る」ことになります。そこにあるのは素晴らしい世界――。これからあなたの中にあるブロックを一つずつ外して、あなたが本当に願う世界へとご案内いたしましょう。
数字で話せ 文系人間がAI時代を生き抜くための...
by 斎藤 広達

Language

Japanese

Pages

252

Publication Date

April 10, 2019

Product Description
Customer Reviews
優れた経営者やビジネスマンほど「会話の中に数字がスラスラと出てくる」。本書は、その技術を「数字が苦手な文系人間」向けに明かすもの。著者の斎藤氏は文系出身ながら独学で数字を操る技術や統計学を習得し、コンサルタントやマーケティングディレクターとして活躍している。そんな氏が「ビジネスのコアスキル」と明言するのがこの「数字で話す」能力だ。自身もかつて、数字が苦手であったからこそ、誰でも使える技術へと落とし込んでいる。たとえば、「@変換で自分事にして伝える」「偏差値で意見を通す」「ファネルで営業を効率化する」「確率で戦略を語る」「コンサルタントが使う2ケタ×2ケタの暗算」など、まさに現場に即した内容となっている。さらに、AI活用やビッグデータ解析など、最新の「数字で話す」技術についても解説。数字やデジタルに対するコンプレックスが解消される!
人気画家 王軍の水彩教室 (一枚の繪) (Japanese Edit...
by 王 軍

Language

Japanese

Pages

132

Publication Date

April 20, 2015

Product Description
Customer Reviews
月刊美術誌「一枚の繪」で2010年4月から二年間掲載された「王軍の水彩画教室」の講座を中心に、王軍先生の水の扱い方、筆のソフトなタッチや滲みとぼかしのテクニックを1冊にまとめました。彩り鮮やかな花々や四季折々の日本の風景を中心に外国風景まで、王軍先生の作品集としてもお楽しみいただけます。
Sinpi no Mon (Japanese Edition)
by Gate

Language

Japanese

Pages

229

Publication Date

December 27, 2016

Product Description
Customer Reviews
めざすは、神我一体境!<br /><br /><br /><br />悟りを開くためにありとあらゆる行程を踏んだマスターゲートが、<br /><br />シェルパとなってすべての疑問に答え、悟りへの道案内をしてくれます。<br /><br />スピリチュアル界を賑わしている色々な疑問やキーワードに答える形で、<br /><br />鋭い洞察と覚醒へのスイッチが隠されている快著です! ! <br /><br /><br /><br />心の真理を悟ったゲート氏が、宇宙のことから、病気のことから、<br /><br />意識のことまでさまざまな質問に答えてくれました! <br /><br /><br /><br />◎宇宙の成り立ちとは? <br /><br />◎地底世界とは?<br /><br />◎フォトンベルトとは? <br /><br />◎あの世とは?<br /><br />◎守護天使とは? <br /><br />◎メルキゼデクとは? <br /><br />◎肉体とは?<br /> <br />◎病気とは? <br /><br />◎チャネリングとは?<br /><br />……etc<br /><br /><br /><br />スピリチュアルなことにまつわる難しくなりがちな表現を、<br />私たちの身近な事柄に例えてわかりやすく解説。<br /><br />ゲート氏自ら、さまざまな霊的な探求を経て得られた、<br />悟りのエッセンスを本書から汲み取ることができるでしょう。<br /><br /><br /><br />この本を読んだ後に、前著「悟りの錬金術」を読めば、<br /><br />「悟りの状態」や「悟ること」に関してグッと身近なことに感じられると思います。
アメリカ人が語るアメリカが隠しておきたい日...
by マックス・フォン...

Language

Japanese

Pages

271

Publication Date

November 19, 2016

Product Description
Customer Reviews
世界に伝えたい! 日米2カ国語併記!<br />Written in both English and japanese<br /><br />日本が洗脳から目覚めることを恐れる米・中・韓<br />海兵隊出身の著者がアメリカの“嘘"を告発する!<br /><br />真実を語ること、それはヘイトスピーチではありません。<br />──マックス・フォン・シュラー<br />MAX VON SCHULER<br /><br /><br />【解説】<br />「軍部が無謀な戦争を起こした」「日本軍は残虐だった」──こういった歴史の見方、<br />考え方はすべて戦勝国米国が、自国民だけでなく敗戦国日本人に刷り込んだプロパガンダだ。<br />著者は1974年に米軍海兵隊として来日、その後、主に日本と韓国で数々の貴重な体験をしてきた。<br />なぜ米国人はこのような大きな嘘をついてきたのか?<br />著者は、米国人が自分の国が世界で一番進んだ理想の国だと思い込んでおり、<br />その物差しで他国をはかり、自国の価値観を押し付け、その国をメチャメチャにしてしまうという<br />米国人の傲慢性を指摘している。<br />また日本は唯一、米国に戦いを挑み、死をも恐れず徹底抗戦し、米国を心底怯えさせた国だったので、<br />日本が再び台頭してくるのを恐れている、という。<br />米国を脅かす、長い歴史と伝統に培われた日本国民の潜在性を畏怖しているのだ。<br />だからこそ米国は、GHQの統治以降、今もなお日本社会の仕組みを変革し続けている。<br />さらに米国は「南京大虐殺」「性奴隷」「強制徴用」など中韓の反日プロパガンダを受容し、<br />その発信拠点にもなっている。日本人に永遠の贖罪意識をもたせることで、<br />米国人は日本人の頭を抑え続けているのである。<br />日本人が歴史の真実に目覚めるのを恐れているのは米国だけでなく、中国、韓国も同様である。<br /><br />本書は自身の体験を通して日本と韓国を知り尽くしている市井の米国人が、<br />本音で語る日本人への警告である。<br /><br /><br />目次より抜粋<br /><br />第1章 日本は攻撃的な国だったのでしょうか?<br />Chapter 1 Was Japan an aggressor nation?<br />アメリカを信じすぎる日本人<br />アメリカによるプロパガンダ<br />アメリカによる残虐行為<br />白人国家の攻撃的な性質<br />日独伊三国同盟の真実<br />日米開戦の真実<br /><br />第2章 日本陸海軍は本当に残虐だったのでしょうか?<br />Chapter 2 Were the Japanese Imperial Army and Navy brutal?<br />日本人を理解できないアメリカ<br />米兵の残虐行為を決して認めないアメリカ<br />傲慢で自己中心的なアメリカ人<br />米兵によるレイプ犯罪<br />アメリカが隠し続ける戦争の真実<br />南京事件の真相<br />マニラ事件はアメリカの責任転嫁<br />アメリカのプロパガンダに騙されるな<br />自国の軍隊を尊敬できない日本人<br /><br />第3章 大東亜共栄圏<br />Chapter 3 The East Asia Co-Prosperity sphere<br />欧米にとって脅威だった大東亜共栄圏<br /><br />第4章 日韓関係はなぜ修復できないのでしょうか?<br />Chapter 4 Why can't the Japan/Korea problem be solved?<br />トラブルの原因は常に韓国<br />李氏朝鮮の身分制度<br />李氏朝鮮の文化と識字率<br />国を滅ぼした両班<br />李氏朝鮮と対照的だった江戸文化<br />朝鮮併合の真実<br />末期状態だった李氏朝鮮<br /><br />第5章 併合時代の真実<br />Chapter 5 The truth of the annexation period<br />併合当時の資料を読む<br />日本が朝鮮のインフラを整えた<br /><br />第6章 日韓問題の現実<br />Chapter 6 The present reality of Japanese/Korean relations<br />歴史上最も平和で豊かだった時代<br />朝鮮人ゲリラを抑えた日本<br />韓国人の被害者意識<br />韓国人の優越感<br />慰安婦問題を検証する<br />米兵と韓国人売春婦<br />慰安婦問題の真実<br />日本は本当に朝鮮の文化を破壊したのか?<br />創氏改名の真実<br />韓国人による文化・起源の主張<br />「愛国無罪」の暴走 <br />韓国人の自業自得<br />韓国人の「大便フェチ」<br />韓国人の日本バッシング<br />韓国における反日教育<br />外国人の「韓国疲れ」<br />韓国はベトナムに学べ<br /><br />第7章 思い違い<br />Chapter 7 Misconceptions<br />平和ボケと自虐史観<br />日韓合意とアメリカの思い違い<br />いまだにくすぶる南北戦争<br />欺瞞の国・北朝鮮<br />アメリカが目指すべきもの<br />南北統一の幻想<br />コリアの本当の悲劇「朝鮮戦争」<br />韓国人は何を目指すのか?
Unlight Materials #1 (Japanese Edition)
by , miya

Language

Japanese

Pages

96

Publication Date

June 25, 2017

Product Description
Customer Reviews
Unlight:SchizoChronicle(アンライト:スキゾクロニクル)発表記念!<br /><br />オンラインゲーム[アンライト〜Unlight〜]の設定集第1弾が電子版で登場。<br />エヴァリストからアインまでの12人を載せています。<br /><br />公式で使用されたイラストなどmiya先生のこだわりのイラストが掲載され、<br />アンライトファンには見逃せない1冊となっています!!<br />さらに、電子版ではモノクロに加えてカラーページも追加されたデラックス版となっています。
Unlight Materials #6 (Japanese Edition)
by , miya

Language

Japanese

Pages

106

Publication Date

July 05, 2017

Product Description
Customer Reviews
Unlight:SchizoChronicle(アンライト:スキゾクロニクル)発表記念!<br /><br />オンラインゲーム[アンライト〜Unlight〜]の設定集第6弾が電子版で登場。<br />ヒューゴからベロニカまでの12人を載せています。<br /><br />公式で使用されたイラストなどmiya先生のこだわりのイラストが掲載され、<br />アンライトファンには見逃せない1冊となっています!!<br />さらに、電子版ではモノクロに加えてカラーページも追加されたデラックス版となっています。
なんだかよくわからない「お腹の不調」はこの...
by 江田 証

Language

Japanese

Pages

158

Publication Date

October 23, 2017

Product Description
Customer Reviews
お腹の不調は、発酵性のある糖質(FODMAP)が原因だった! 本書は、これまで何万人もの方の内視鏡検査をおこない、お腹の不調を改善してきた胃腸治療のプロフェッショナルが、安心・安全で、お金もかからず副作用ゼロの画期的な食事法を紹介します。「『腸に良い』食べものは要注意!」「FODMAPを食べるとお腹が痛くなるワケ」「お腹に安心の果物、危険な果物」「食物繊維が豊富な野菜は、実はNG!?」など、これまでの腸の常識がくつがえる驚きの内容が満載。あなたの腸が一気に甦る1冊! 「本書でご紹介する『低FODMAP(フォドマップ)食』は、ある種の糖質を避けた食事をすることで、腸を元気にする健康法です。海外では、もはや一般常識に近いほど知られていて、お腹の調子が悪い人が必ず最初に取り入れる食事法なのですが、残念ながら日本では、まだほとんど知られていません。この低FODMAP食を患者さんが取り入れると、多くの場合、お腹の調子が驚くほど良くなります。人の腸や腸内細菌は、人それぞれ違いがあります。人間が一人ひとり違うように、その人の腸もまた、同じではありません。あの人に効果的だった健康法が、あなたにも効くとは限らないのです」(本書「はじめに」より抜粋)
kongoukainenjyushidai tyuuinnryuu daimonji (Japanese Edition)
by shoukai

Language

Japanese

Pages

Publication Date

June 16, 2019

Product Description
Customer Reviews
中院流における金剛界の大門寺次第の書き下しです。<br /><br />現在、高野山の中院流において行われる四度加行では、金剛界と胎蔵界を修行するに大門寺次第と呼ばれる本を用い、一流伝授では宥快の和会本と呼ばれるものを用いられています。<br />永遍の『中院相伝』に「智荘厳院方には広沢次第なり。そのゆえは、引摂院の定範の関東下向の時、大門寺の住侶、加賀僧正定清に西院を受ける。定範は、彼の次第をもって道淳に授ける。それ以来、用い来たるなり。」とあることから、この本は大門寺の次第と呼ばれています。<br />また新別所妙瑞は「今時、中院で用いるところの両界次第は、宥快和会の本と人々思えども、実は大門寺次第にして、宥快の和会にはあらず。」と述べています。<br />定清は西院流の宏教の弟子の一人であることから、この次第は名こそ中院流ではあるものの、元を糺せば京都仁和寺の法流である西院流の次第ということになるのです。<br />周知のとおり、高野山は真然・無空と続きますが、無空の代で途絶えてしまいます。<br />それを嘆き悲しんだ明算が、京都の成尊より学んだ小野流と広沢流を混和して高野山に伝え、それが中院流と名を変えて現在まで語り継がれているのです。<br />そのため、中院流の一流伝授を受けただけでは真言宗を極めたというには不十分であり、西院流や安祥寺流など小野流や広沢流を学ばなければならないのです。<br />このことは加行で用いられる金剛界と胎蔵界の次第が、もとは西院流のものを用いていることからも明らかなのです。<br />なお中院本流では、真然の法流を汲んでいると伝承しているので、南山大事には真然・無空・峯禅・定観(中略)という法脈を継承しています。<br />本書が、中院流における修法の再学習や研鑽の一助となれば幸甚です。<br />※写本により訓点が異なる場合があることをご了承ください。<br />また売り上げの一部は各種ボランティア団体への寄付、および学術研究機関への寄付に充てさせていただいております。
taizoukainenjyushidai chuinryu daimonji (Japanese Edition)
by shoukai

Language

Japanese

Pages

57

Publication Date

June 16, 2019

Product Description
Customer Reviews
中院流における胎蔵界の大門寺次第の書き下しです。<br /><br />現在、高野山の中院流において行われる四度加行では、金剛界と胎蔵界を修行するに大門寺次第と呼ばれる本を用い、一流伝授では宥快の和会本と呼ばれるものを用いられています。<br />永遍の『中院相伝』に「智荘厳院方には広沢次第なり。そのゆえは、引摂院の定範の関東下向の時、大門寺の住侶、加賀僧正定清に西院を受ける。定範は、彼の次第をもって道淳に授ける。それ以来、用い来たるなり。」とあることから、この本は大門寺の次第と呼ばれています。<br />また新別所妙瑞は「今時、中院で用いるところの両界次第は、宥快和会の本と人々思えども、実は大門寺次第にして、宥快の和会にはあらず。」と述べています。<br />定清は西院流の宏教の弟子の一人であることから、この次第は名こそ中院流ではあるものの、元を糺せば京都仁和寺の法流である西院流の次第ということになるのです。<br />周知のとおり、高野山は真然・無空と続きますが、無空の代で途絶えてしまいます。<br />それを嘆き悲しんだ明算が、京都の成尊より学んだ小野流と広沢流を混和して高野山に伝え、それが中院流と名を変えて現在まで語り継がれているのです。<br />そのため、中院流の一流伝授を受けただけでは真言宗を極めたというには不十分であり、西院流や安祥寺流など小野流や広沢流を学ばなければならないのです。<br />このことは加行で用いられる金剛界と胎蔵界の次第が、もとは西院流のものを用いていることからも明らかなのです。<br />なお中院本流では、真然の法流を汲んでいると伝承しているので、南山大事には真然・無空・峯禅・定観(中略)という法脈を継承しています。<br />本書が、中院流における修法の再学習や研鑽の一助となれば幸甚です。<br />※写本により訓点が異なる場合があることをご了承ください。<br />また売り上げの一部は各種ボランティア団体への寄付、および学術研究機関への寄付に充てさせていただいております。<br />

Blog - Latest Entries

Roxane Gay – Difficult Women Review
For avid readers, the advent of the Kindle was a godsend. It allowed them to expand their personal libraries as much as they wanted without worrying about taking up too much space. Along with increasing the potential for library depth, the kindle has also allowed for a more diverse reading taste. You can now take risks on books that you previously wouldn’t have due to the Kindle eliminating ...

David Foster Wallace – Brief Interviews with Hideous Men & Girl with Curious Hair Reviews
The technology of the Kindle allows you to carry a library with you wherever you go. And, like a library, your Kindle collection should be vast and diverse. Aside from the New York Times Bestseller list, it can be hard to know which books are worth your time to download. Luckily, the literary cannon spans for generations. Of the most recent generation of literary greats, David Foster Wallac...

Junot Diaz – The Brief Wondrous Life of Oscar Wao Review
Kindle technology allows you to build an impressive collection of stories without filling shelves upon shelves with books. This convenience makes it possible to experiment with your reading choices without making the commitment to order a book, wait for its arrival, and sticking it on your shelf. I’ve found that the Kindle has made me a much more adventurous reader. With this new-found ad...

Ernest Hemingway – The Old Man and the Sea Review
As you start to increase your kindle collection, it is wise to download a variety of things to read. And sure, the latest serial novel is a great addition to the collection, but sometimes you need a literary classic. Luckily, there is a plethora of classics to choose from. When it comes to literary classics, there are few authors with a better reputation than Ernest Hemingway. Hemingway, so...

Stephen King’s On Writing: A Memoir of the Craft
For fans of the suspense and horror genres, Stephen King is a household name. Chances are, if you read the genres at all, your kindles are filled with a novel or two of his. But King’s prolific career has not stayed within the genre. In fact, one of King’s greatest efforts came in the form of a nonfiction memoir. King’s On Writing blends personal memoir and advice on writing craft tha...

More >>

Enter the Kind Reader Monthly Drawing

$25 Amazon.com Gift Card giveaway

There's a daily limit of 3 free e-books that can be downloaded at KindReader.com